恋愛のつづき。

いくつかの恋愛をして結婚したノリエ。果たして結婚は恋愛のつづきなのか、それとも・・・。



Calender

09 | 2017 / 03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


プロフィール

Author:ノリエ
♪訪問ありがとうございます♪

★2005年2月に結婚しました★
●2007年11月に娘を出産しました●
結婚生活と恋愛についてを綴ります。

私【ノリエ】39歳 
夫【ジョン】41歳
娘【キラ】4歳

★過去日記はこちら
★ノリエにメールする。
★ミクシィにもいます!

**コメント歓迎**

気になるランキング?↓

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--


突然ですが
ブログ移転します。
ばれたとかではないのでご心配なく(笑
管理上の都合です。

新しいブログについては、こちらにリンクを残したくないんで、
ひきつづき読んでくださる方は、左の「メールする」からメッセージください。
お手数かけてすみません。

ミクシィでマイミクさせてもらっている方からは、こちらから連絡させていただきます★
(一度訪問させてもらってるんで、足跡残っているかも?!)

ここは、消さないで残しておきます。


今までありがとうございました。
スポンサーサイト


保育園役員になった
保育園の役員になった。
役員会議が土曜日で土曜日仕事の私はできれば避けたかったが、5年間同じ保育園で一回もやらなくいのもどうかと思い、来年卒園の時期にやるよりはと、今年立候補した。
去年の役員も土曜日仕事の人もいたので何とかなるだろうと思った。

しかし、役員会は月1回程度だろうと思ってたら7月までは月2回はやるらしい。
時間も1時間くらいかと思ってたら2時間以上もかかる時もあるのだとか。
うーん、ホントにやりきれるか、、、

幸い一緒のクラスの役員のママがいい人で、「仕事で来られないことがあったら聞いておくから」と
連絡先を交換してくれた。

役員じゃないママからも、
「役員引き受けてくれてありがとうございました」と声をかけられたり、
前の役員からは「そんなに大変ではなかったよ」とか、
教えてくれたりもした。

皆えらいなー、私は今までの役員の人に声をかけたことなんかなかったよ。
もちろんありがたいとは思ってたけどね。

そんなんで、どうにかやっていけそうな感じ。
きっと来年の今頃には一度はやってよかったと思ってるかな、、、。



お弁当が苦手
お弁当が苦手である。作るのも食べるのも。

キラの保育園では毎年お盆の時期にお弁当の日が2日ほどある。私は作るのが面倒で有休取って休んだ。
会社の同僚にその話をしたら笑われた。
お母さんの仕事としてお弁当は必須科目なイメージなんだろう。私の母も中学高校と6年間お弁当を作ってくれた。もちろん幼稚園でも。
ありがたいことに野菜タップリのメニューだったがあまり美味しいと思った記憶がない。お母さんごめんなさい。
お弁当というと一緒に食べる人が居なかったとか悲しい記憶ばかりなせいかもしれない。


キラはお弁当大好き。公園に持っていくととても喜ぶのでたまにつくって持っていく。

でも保育園が給食で本当にありがたい。小学生になったら長い休みはお弁当か憂うつだな。

でも今は私は会社にお弁当を持って行ってる。節約とダイエットのためだ。
やっぱり節約にもダイエットにもなり体にいいな、と思う。

料理は嫌いじゃないからそのうちお弁当づくりも簡単にできるようになるかな?
無理しない程度に頑張ろう★


子供が習いごとに行きたくないと言ったとき
キラは、2月からスケート教室に通い出した。
まずは1月中に見学に行って、キラが「やりたい!」というのを確かめてから入会。

そもそもスケートは私が好きで、12月に一緒に行った。その時にすでに「まっすぐ立てる」状態だったので、
すぐに滑れるようになるんじゃないかと思った。足首がぐにゃぐにゃにならずに、手すりにつかまれば一人で歩ける。手を放しても数歩は歩いて手すりにつかまるという感じだった。
キラ自身も「またスケートやりたい」と言っている。幸い、スケート場が自転車で10分ほどのところにあるので、なんとか通えそうだ。

2月に入って、1週目、2週目は楽しそうに通っていた。
しかし、3週目には、「キラ、スケートならうのイヤなの」と言い出した。
「スケート場に行くのはいいけど、先生に教えてもらうのがイヤなの」だと言う。

もともと決められたことを決められたようにやるのが嫌いなキラ。
私は、習い事の内容(何かを身につけて欲しい)というよりも、何かを続けて欲しかったんだよね。
だから勉強系ではなくキラの大好きな身体を動かすことの方がいいかと思っていた。
でも、「やりたい!」と言って始めたことなのに、こんなにすぐにイヤになっちゃうものなんだなー。

まぁ、習い事なんてべつにしなければならないものでもない。
スケート始めたとまわりに言うと「素敵!マオちゃん目指すの?」と言われるが、そんなつもりもない。
平日休みの時に「親子で通える場所があれば」くらいの気持ちが大きい。
しかし月謝を払う以上、今月いっぱいは通ってもらわないと困る。

子供が習いごとに行きたくないと言ったとき、親はまず「気持ちを聞いてあげよう」と、育児本を読むとたいてい書いてある。頭ごなしに「行きなさい」と言っては子供はますます行く気がなくなる。
確かにそうだろうと思う。
私も、いづれ習い事を始めてキラが「行きたくない」と言ったときには「行きたくないんだ」とまず受け止めようと、思ってきた。
でも実際今回言われてみると・・・

まず「行きたくない」といわれて「行きたくないのね」と受け止めることはできた。
でも一通り理由を聞いて「今日は行くのやめる」と結論出したキラにたいしては「行きなさい」と言ってしまった。
私の頭にあったのは、やっぱり月謝のこと。月4回で6000円。それが月3回になると1回2000円。月に2回しか行けないと1回3000円の計算になる。高い授業料だなーということ。
2月の4週目はいけないことが確定してたから、せめて「3週目までは行って!」と思った。

それと、こんなにすぐに辞めたいというキラに対してちょっとイラっとした。
自分でやりたいと言ったのだから、すぐに投げ出さずに頑張ろうよ~。

でも、それは勝手な親の思いなんだよね。
子供は休みの日は、ママと公園に行ければそれで満足。
でもママは公園に長時間いるのも結構きついんだよね。(それもあと何年か~)

結局、スケート場に行くのはキラは嫌がらなかったので、連れて行って皆がやっているところ見せたら、
「行ってくる!ママそこで見ててね!」と仲間に加わっていた。
そして、その回の練習が終わるとあまり転ばなくなり、大きいスケートリンクで楽しそうに滑っていた。

子供のやる気ってなんなんだろうな、って思う。
気分に左右されることがまだまだ多いんだろうな。親はやっぱり「そうね~行きたくないのね。」と聞いておけばいいのかなと思う。

さて、スケート教室は2月の辞める時期を逃してしまったので3月までは続けることにした。
それ以降はどうしようかな~、と迷い中。



保育園では教えてなかった
キラの保育園では、ひらがなを教えていないということが最近わかった。
うちには50音表もないのに、いつの間にかキラはひらがなをすべて読めるようになっていたので、私はてっきり保育園で教えてくれてるものだと思っていたのだ。

それは他の保護者も同じらしく保育参観の懇談会のときにそんな質問が出た。

すると先生は特に教えてないが上のクラスと一緒にお絵かきすることがあるのでそれで覚えたのではないか?とのことだった。
そうかー保育園では教えてないのか~
じゃあこれから小学生になるまでに覚えなければならないことがあったら家で教えないとならないのね。小学生になるまでに何をおぼえればいいのだろう?とりあえずカタカナと?足し算とか?

そういえば、私は小学校に入ったとき足し算がわからなくて慌てて親に聞いた記憶がある。先生は「わかるでしょ?」みたいな雰囲気で聞ける感じじゃあなかった。
あれはちょっと焦ったな~

とはいえ、あまり焦ってはいない。逆に何も教えようと思わなくても好奇心からこんなに覚える子供ってすごいな。と思う。

保育参観では、ハサミを使ったのだがハサミで切る速度が速くてびっくりした。確かに家で小さい頃から与えてるけど、、、。こんなに使えるようになってるとは思わなかった。その代わり雑だったけど。

相変わらず落ち着きない感じだったけど、一応歌とか踊りはちゃんとやっていた。勉強わ教えてくれるわけではないにしろ保育園はやっぱりすごいなと思った。

小学生になるまでに何をするかというより、机にすわる習慣を少しつけたいなと思う。一緒に見てあげれば幼児雑誌についてるワークを楽しそうにやってるのでその辺から興味のあるところを引き出して行ければと思った。
私は休みの日に公園に一日いるよりは勉強教えてる方が楽だけどね。そうもいかないだろうなー。


早速飲みに行ってみた
先日連絡先交換をしたママ友と早速飲みに行ってみた。
連絡先交換したママはすぐに同じ保育園の友達二人と飲みに行く時に一緒に誘ってくれたのだ。

結果から言えば楽しかった。
が、子連れで行ったので大変だった。

4人で行ったので、子供が4人(皆一人っ子)
4人集まると子供がまったく落ち着かない。騒ぐし、ケンカするし、席を立ってうろうろ。
個室を取ったので席を立って他の人の席に行くことはなかったが、食べられないし話もできない。
とうとうお店の人に注意され、お店を移動することに・・・。

他のママたちはこういう機会には、カラオケをよく利用するらしい。
というわけで二件目はカラオケ、騒いでも大丈夫♪
と思ったら今度は床の音がうるさいと下の階から苦情が・・・。

確かに走りまわっているよ、子供達。
マルマルモリモリ踊っているし。

キラはカラオケ初だったので、興味津々だった。

でもこうやって4人そろうとキラは割りとおとなしい方というのが、意外だった。
普段家族でお店に行っても、本当に落ち着かないので「こんなに落ち着きがないのはウチだけでは?」と思っていた。現に同じ保育園のお友達と偶然お店で会ったことはあったけれども、皆おとなしく座っているし、ちゃんと食べている。
今回のメンバーが落ち着きがない方なのか、皆そろって興奮していたのか、、、。



肝心のママたちとの話は、うーん、結局ちゃんと話したのは「住んでる場所」と「よく行く公園、遊び場」くらい。あとは子供叱って終わっていたような・・・。

ただシングル率が半分(4人中ふたり)

何気なくパパの話が出て「皆のパパはどう?」と訊いたところ「あ、うちはパパいないんで」と返され、返す言葉もなく・・・。
誰がシングルかなんて普通に保育園通っていると分からないんだよね。

キラは、本当に楽しそうにしていて翌日も「昨日お友達とご飯食べに行ったんだよね」と嬉しそうにお話してくれた。

子連れで飲み会なので、頻繁には行かないけれど、年に数回ならこういうことがあっても良いかなと思う。


それでも結婚したい
高校時代の友人ツキ子が海外から一時帰国したので、同じグループのナツ子、ハル子と共に集まった。
彼女達と予定をあわせるとたいてい夜なので、私はジョンか両親に子供を預けて参加するのだが、今回は予定が合わず、子連れで参加することになった。

なので、当日仕事のないハル子とツキ子と早めに待ち合わせをさせてもらって、早めに切り上げて帰ってきた。
お店も子連れOKの個室を選ばせてもらった。
一緒に話をした時間は2時間。私に取ってはあっという間だったが、子供は飽きてしまったようだ。
やはり次回は誰かに預けて参加かな~と思った。



婚活中のツキ子とナツ子の結婚だが、
ツキ子は、前回彼女が暮らしている国の恋人と別れてから、あまり進展がないらしい。
ネットを中心に活動しているが、なかなか「会う」というところまでもたどり着かないようだった。
本人もあまり語りたがらなかった。

ナツ子は、前回デートし始めた人と本格的に付き合い始め、ついに年末にプロポーズされたらしい。
「早く子供が欲しいから今年前半には結婚すると思う」と言う。
私たちは今年39になる。確かに子供が欲しかったら早く結婚するに越したことはないと思う。

だが、彼氏に対しては「不満はいっぱいある」と言う。
なんて言うか彼氏は「正しい人」なんだそうな。決まりとかは守るタイプで、絶対に不正はしない。
人に押し付けるタイプではないということだったが、「自分はこう思う」とはっきり口にはするらしい。
分かりやすかったのがお寿司屋さんでのこと。
ナツ子がしょうゆ皿を使わずに、直接寿司の皿にしょうゆをかけたところ、「ちゃんとしょうゆ皿使ったら?」と言ったという。彼女が「べつにいいじゃん、好きに食べれば」と言ったら、「洗う人に身になったらどーのこーの」と言い出した。彼女がそこで自分の主張を通せばそれ以上言ってこないとは思うが、彼女は面倒くさいので「そうだね」と言う通りにしたという。そういうことがそこここにある。
一言で言えば「面倒くさい」

私自身も「真面目」なところがあるので、気をつけなければならないが、「正しそうなことを主張しすぎること」は面倒くさいことなんだよね。

そして、結婚生活ってそういうぶつかり合いが多いものだ。
生活習慣の違いを生活習慣の違いと認識していればいいのだが、「自分が普通、相手がおかしい」「自分が正しい、相手が間違っている」と考えてぶつかりあうとかなり痛い。

ジョンはその辺が大らかで「ノリエは〇〇が好きなんだね♪」という言い方をよくする。自分とは違う相手を受け入れる寛容な言葉だ。
結婚前からそれは分かっていたが、結婚してからの方がそのありがたみがよく分かった。
結婚するなら、そういう人が良いと思う。
むしろ私の方が「こうあるべき」を押し付けがちという気がする。気をつけないと・・・。

ナツ子が20代だったら、付き合ってないような気がする。ここを我慢しても結婚したいということだろう。
ナツ子は頑張っている。

ナツ子が20代の頃、付き合った人は、そういう妥協をしなくて付き合えてたし、もっと恋のときめきもあったのだろう。それでも結婚には至らなかったのだから不思議なものだ。

今の彼は「すごく好きなわけではないが、連絡がないと気になる」と前回彼女は言っていた。
今もそんな感じがする。

しかし、今回昔好きだった人から連絡があり、会ってはみたが、付き合っている彼のことが気になり落ち着かなかったという。ナツ子なりに彼のことは大事に思っているのだろうと思う。

エッチも合う感じじゃないというから一抹の不安が残るが、結婚して幸せになって欲しいと思う。

今後の報告が楽しみだ♪



スマホにしました
携帯スマホに変えました。
更新できるかな?

アドレス帳移行してくれないことに、まずびっくり!


ジョンが少し前にスマホにして「使いにくい」と文句言ってたけど、ネットが趣味の私には合ってるかも!
生協の注文出来るのがありがたい。

ちなみにジョンはアドレス移行お店でお金出してやってもらったらしい・・・


 +  OLD >